ホーム > サポート・マニュアル > チュートリアル > twitter > Twitter と連携する際の事前設定

チュートリアル

Twitter と連携する際の事前設定

ドキュメント最終更新日時:2012/01/05 11:44

このマニュアルは、a-blog cms 1.4.2をもとに説明しています。ご利用のバージョンによって、画面表示や内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

ここでは、a-blog cms とTwitter を連携させるための準備について説明します。

Twitter との連携によってできること

a-blog cms とTwitter を連携すると、以下の事ができるようになります。

Twitter と連携するには、事前にa-blog cms, Twitter 両方の設定が必要になります。

Twitter 側の設定

Twitter のアプリケーション登録ページから、申請を行う必要があります。

この時点でログインしているアカウントが表示や投稿に関連づけられます。

画面右側の「Resister a new app」から新しいアプリケーション登録を行います。

アプリケーション登録画面

Application Name

今回登録するtwitterのアプリ名。任意の名前で構いませんが、同じ名前のものを複数登録はできません。サイト(ブログ)名など、固有のものを使う事をおすすめします。

Description

このアプリケーションの説明文です。どのサイトに使っているかなどの説明を残しておくと、アプリケーション一覧で確認できます。最低10字以上の説明文が必要です。

Application Website

a-blog cms をインストールしてるサイトのURLです。基本的には子ブログと共用はできませんので、必要に応じて実際にTwitter 連携を使用する場所のURLを入力してください。

Organization

アプリケーション制作者の所属欄です。この項目は任意入力のため、入力しなくても構いません。

Application Type

アプリケーションの形式です。「Browser」を選択してください。

Callback URL

以下のように記述してください。 http://設置先URL/callback/twitter.html

具体例

http://www.example.com/callback/twitter.html
http://www.example.com/blog/callback/twitter.html

参考

twitter.html は /themes/system/callback/ 内にあります。

Default Access type

基本のアクセス形式です。「Read & Write」を選択してください。

登録完了画面

登録後の確認画面で表示されるConsumer keyConsumer secret の内容はa-blog cms 側の管理画面で必要になります。メモしておいてください。

a-blog cms 側の設定(プロパティ設定)

Twitter との連携のために、a-blog cms の管理ページから設定をします。

Twitter 側の「Callback URL」で指定した設置URLの 管理ページ>コンフィグ>プロパティ設定 に「Twitter アプリケーション」入力欄があります。
Twitter アプリケーション登録で発行されたConsumer keyConsumer secretを入力してください。

a-blog cms 側の設定(外部認証設定)

続いて、外部認証設定をします。これは コンフィグ>外部認証設定 から行います。

この時点でプロパティ設定からConsumer key とConsumer secret が設定されていない場合には、外部認証設定ができません。

外部認証設定ページでは、OAuth認証を行うボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、Twitter 側のアプリケーション認証画面へ移動します。この認証画面では表示に従い「アプリを認証」します。

認証が正常に完了すると「OAuth認証に成功しました」メッセージが表示されます。これでa-blog cms とTwitter の連携のための準備が完了しました。



携帯アクセス解析