ホーム > サポート・マニュアル > チュートリアル > テンプレート作成の基本 > フィールドモジュールの利用

チュートリアル

フィールドモジュールの利用

ドキュメント最終更新日時:2009/08/18 15:14

タグ:カスタムフィールド 

フィールドモジュール

フィールドモジュールは、そのモジュール内においてカスタムフィールドの情報を表示するためのモジュールです。通常はURLコンテキストを参照しますが、モジュールIDで参照する情報を任意で指定することもできます。

フィールドモジュールの中では、カスタムフィールド項目を追加するときに定義した名称(変数名)を、波括弧( { } )で囲って記述します。

<!-- BEGIN_MODULE Blog_Field -->{var}<!-- END_MODULE Blog_Field -->

管理ページとの対応

各フィールドモジュールは、それぞれ下記の管理ページのテンプレートを使用して入力した情報と対応します。

Blog_Field
./admin/blog/edit.html
Category_Field
./admin/category/edit.html
Entry_Field
./admin/entry/edit.html
User_Field
./admin/user/edit.html

他の表示方法

カスタムフィールド項目の定義された名称(変数名)は、特殊なブロックで囲うことで、単純な表示以外の動作をさせることができます。

veilブロック

<!-- veilブロックの書式 // 変数名:veil -->

<!-- BEGIN_MODULE Category_Field -->
<!-- BEGIN lead:veil -->このカテゴリーの説明:{lead}<!-- END lead:veil -->
<!-- END_MODULE Category_Field -->

veilブロックで囲うと、カスタムフィールドの項目(変数)が未入力の状態であるときに、ブロック内の他の情報もまとめて表示されなくなります。

touchブロック

<!-- touchブロックの書式 // 変数名:touch#指定する値 -->

<!-- BEGIN flag:touch#possible -->可能です<!-- END flag:touch#possible -->
<!-- BEGIN flag:touch#impossible -->不可能です<!-- END flag:touch#impossible -->

touchブロックで囲うと、カスタムフィールドの項目(変数)が指定された値であるときに、ブロック内の情報を表示します。

loopブロック

<!-- loopブロックの書式 // 変数名:loop -->

<!-- BEGIN selection:loop --><!-- BEGIN glue -->,&nbsp;<!-- END glue -->{selection}<!-- END selection:loop -->

loopブロックで囲うと、カスタムフィールドの項目(変数)に複数の値(配列)が入っていたときに、すべての情報を順番に繰り返して表示します。またglueブロックの中に、つなぎ文字を指定できます。1ループ目では、glueブロックの中は表示されません。



携帯アクセス解析