ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > システムの運用 > a-blog cmsのバックアップデータからインポートする

マニュアル

a-blog cmsのバックアップデータからインポートする

ドキュメント最終更新日時:2012/05/01 11:45

v1.5.0から追加されたバックアップ機能を使うことで、a-blog cmsのアーカイブディレクトリ、DBのデータを zip形式で書き出すことができます。この機能で書き出したファイルは、他のa-blog cmsに取り込むことが可能です。

バックアップ管理(インポート)

バックアップ管理(インポート)

エクスポートを実行するには、管理者権限による実行が必要です。

a-blog cmsのデータをインポートするのに必要なもの

  • a-blog cms(v1.5.0以降)
  • a-blog cms(v1.5.0以降)でエクスポートしたDBまたはアーカイブスのzipファイル。

注意事項

実行は慎重に

インポート処理はデータ数が多い場合には負荷が高くなるため、作業時間・タイミングに注意し、慎重におこなってください。

インポート手順

バックアップファイル(zip)のアップローロード場所

(1)a-blog cms(v1.5.0以降)でエクスポートしたzipファイルを用意します。用意したzipファイルを、DBのバックファイルの場合/private/backup/、アーカイブスの場合/archives/backup/にFTPなどを使ってファイルをアップロードして下さい。

backupディレクトリがない場合は作成してください。

(2)インポート先にエクスポート元のテーマがない場合、エクスポート元のthemesディレクトリをインポート先のthemesディレクトリにコピーします。

もし、インポートされたデータで使用しているテーマがthemesディレクトリに無い場合にはインポート後「404エラー」となりますが、その後themesディレクトリをエクスポート元からコピーすることで動作します。

(3)管理画面上部の[その他の管理]メニューから[バックアップ]のリンクをクリックするか、管理画面下部のメニュー[バックアップ]のリンクをクリックすると、[バックアップの管理]の画面が表示されます。

(4)設定項目(DBをインポートする場合) 画像のa チェックをつけることにより元のデータベースを名前を変えて残します。 画像のb チェックをつけることによりバージョンチェックを行います。エクスポート元とインポート先が同じバージョンでないとインポートできなくなります。

(5)画像のc、d インポートしたいエクスポートファイルを選択します。ここで選択できるファイルは手順1でbackupディレクトリにアップロードしたファイルです。

(6)それぞれの「インポートを実行する」ボタンを押すことによりインポートが実行されます。

インポート作業では、データを失う危険性があります。慎重に作業してください。



携帯アクセス解析