ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > システムの管理 > サイト管理 > スケジュールデータの登録

マニュアル

スケジュールデータの登録

ドキュメント最終更新日時:2009/12/07 15:25

ここでは、スケジュールデータの登録方法について説明します。スケジュールセットを作成すると、スケジュールの任意の日にイベントなどの情報を登録することができます。頻繁にあるイベントなどは、「ラベル」に登録することで入力の手間を省くことができます。(例:「定休日」)

このマニュアルは、a-blog cms 1.2.0をもとに説明しています。ご利用のバージョンによって、画面表示や内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

スケジュール情報の登録は、管理者のみ設定可能です。編集者/投稿者/購読者にはスケジュールに関する管理画面は表示されません。

1. [スケジュール管理]画面を表示する

[スケジュール管理]画面を表示するには、管理画面上部のメニュー[サイト管理]–[スケジュール]のリンクをクリックするか、管理画面下部のメニュー[スケジュール]のリンクをクリックします。

[スケジュール管理]画面

[スケジュール管理]画面

2. スケジュールのラベルを登録する

(1)[スケジュール管理]画面にある[ラベル]欄の[設定]をクリックします。[スケジュールのラベル設定]画面が表示されます。

(2)[ラベルを変更]ボタンをクリックすると、[スケジュールのラベル変更]画面が表示されます。

[スケジュールのラベル変更]画面

[スケジュールのラベル変更]画面

(3)各項目を入力します。

表示順 スケジュールデータ登録時の、ラベルの選択肢の表示順です。
ラベル名(必須) イベントなどの名称を指定できます。頻度の高いものをここで登録しておくと、スケジュールに入力する手間が省けます。(例:「定休日」、「臨時休業日」など)
クラス(省略可) スケジュールのラベル表示部分に、HTMLのclass属性を付与します。ラベルのある日によってデザインを変えたい場合などに応用できます。

(4)[保存]ボタンをクリックすると、ラベルが保存されます。

3. スケジュールデータを登録する

(1)[スケジュール管理]画面にある[登録データ]欄の[表示]をクリックします。[スケジュールのデータ詳細]画面が表示されます。

[スケジュールのデータ詳細]画面

[スケジュールのデータ詳細]画面

(2)スケジュールを変更したい年・月を選択し、[変更する]ボタンをクリックすると、[スケジュールのデータ変更]画面が表示されます。

[スケジュールのデータ変更]画面

[スケジュールのデータ変更]画面

(3)日付右にある入力エリアには任意のテキストを入力し、必要に応じてラベルを選択します。

任意のテキストとラベルは、それぞれitemブロック, labelブロックに出力されます。

{item}
任意のテキストがないときの表示
{label}
ラベルがないときの表示

(4)[保存]ボタンをクリックすると、スケジュールデータが登録されます。



携帯アクセス解析