ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > システムの管理 > カスタマイズ管理 > Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールの設定

マニュアル

この説明は、a-blog cms 1.4.2 をもとにしています。ご利用のバージョンによって、画面表示や内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

ここでは、Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールの機能と設定内容について説明します。

この機能を動作させるには、事前にa-blog cms とTwitter の連携のための準備ができている必要があります。詳しくは「Twitter と連携する際の事前設定」をご確認ください。

機能

Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールは、事前に設定したTwitter アカウント自身のタイムラインを表示できます。

次の例は、Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールをテンプレートに組み込んだときのソースコードです。この他にこのモジュールで出力できる変数については、リファレンスを参照してください。

<!-- BEGIN_MODULE Api_Twitter_Statuses_UserTimeline -->
<h2>Twitter UserTimeline</h2>
<!-- BEGIN pager -->
<p>page: {page}, last_id: {last_id}, first-id: {first_id}, next: {next}, prev: {prev}</p>
<!-- END pager -->
<table>
    <!-- BEGIN notFound -->
    <tr>
        <td>
            結果が見つかりませんでした。
        </td>
    </tr>
    <!-- END notFound -->
    <!-- BEGIN unavailable -->
    <tr>
        <td>
            simplexml_load_string関数が利用可能な状態になっていないため、現在のサーバーでは表示できません。
        </td>
    </tr>
    <!-- END unavailable -->
    <!-- BEGIN failed -->
    <tr>
        <td>
            API接続が確立されていない、または接続に失敗しました。API Keyの設定、もしくはAPI本体の稼働状況をご確認ください。( {error_msg} )
        </td>
    </tr>
    <!-- END failed -->
    <!-- BEGIN tweet:loop -->
    <tr>
        <td><img src="{image}" alt="{id}" width="48" height="48"></td>
        <td>
            @{screen_name} ( {user_id} / {status_id} ) <a href="{permalink}">URL</a><br />
            {text}[urldecode] ( {date#m}/{date#d} {date#H}:{date#i} )
        </td>
    </tr>
    <!-- END tweet:loop -->
</table>
<!-- END_MODULE Api_Twitter_Statuses_UserTimeline -->

Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールを設定する

Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )モジュールの設定画面では、Twitter からの情報表示に関する設定ができます。

(1)管理画面上部の[カスタマイズ管理]メニューから[コンフィグ]のリンクをクリックするか、管理画面下部のメニュー[コンフィグ]のリンクをクリックすると、[コンフィグ項目リスト]の画面が表示されます。[外部API連携]の[Twitterユーザータイムライン]アイコンをクリックすると、[Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )]の設定画面が表示されます。

[Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )]モジュール設定画面

[Twitterユーザータイムライン ( Api_Twitter_Statuses_UserTimeline )]モジュール設定画面

(2)各項目の内容を入力し、[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。

各項目の設定

表示件数

タイムラインから一度に表示するツイートの件数です。標準では20件に設定されています。

非公開ツイート

このチェックがONになっている場合には非公開ツイートを表示しません。

APIリクエスト キャッシュ有効時間

APIリクエストの結果を、ここで設定した秒数の間だけキャッシュ利用します。ページのキャッシュとは異なることに注意してください。

ショートカットに追加

[ショートカットに追加]をクリックすると、[ダッシュボード管理]の[ショートカット作成]画面が表示されます。(→「ショートカットに追加する」参照)


  • 導入するためには
  • 動作環境
  • 機能一覧
  • 解決しないときは
  • ユーザーフォーラム
  • イベントスケジュール
  • ユーザーフォーラム
  • CMS開発ブログ
  • Twitterでa-blog cmsをフォローしてください!

携帯アクセス解析