ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > システムの管理 > カスタマイズ管理 > スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの設定

マニュアル

スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの設定

ドキュメント最終更新日時:2011/07/12 09:42

タグ:プラグイン 

この説明は、a-blog cms 1.2.0をもとにしています。ご利用のバージョンによって、画面表示や内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

ここでは、スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの設定内容について説明します。

スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの設定画面では、表示に関する設定ができます。

次の例は、スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインをテンプレートに組み込んだときの表示とテンプレートのソースコードです。この他にこのプラグインで出力できる変数については、リファレンスを参照してください。

スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの表示例

スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインの表示例

<!-- BEGIN_MODULE Plugin_Schedule --><!-- BEGIN unit:loop -->
<div class="unit"><!-- BEGIN month:loop -->
<div class="month">
<p><a href="{url}">{year}年 {month}月 {time}</a></p>
<table class="{mode}"><!-- BEGIN week:loop -->
<tr class="week{weekRowNo}"><!-- BEGIN day:loop -->
<td class="day{weekNo}<!-- BEGIN dayClass:veil --> {dayClass}<!-- END dayClass:veil -->"><!-- BEGIN day:veil --><span class="week">{day} <small>({week})</small></span><!-- END day:veil --></td>
<!-- BEGIN plan:veil --><td class="plan"><!-- BEGIN plan -->
<p<!-- BEGIN class:veil --> class="{class}"<!-- END class:veil -->><!-- BEGIN item:veil -->{item}<!-- END item:veil --><!-- BEGIN label:veil -->{label}<!-- END label:veil --></p><!-- END plan -->
</td><!-- END plan:veil --><!-- END day:loop -->
</tr><!-- END week:loop -->
</table>
</div><!-- END month:loop -->
</div><!-- END unit:loop -->
<!-- END_MODULE Plugin_Schedule -->

スケジュール(Plugin_Schedule)プラグインを設定する

(1)管理画面上部の[カスタマイズ管理]メニューから[コンフィグ]のリンクをクリックするか、管理画面下部のメニュー[コンフィグ]のリンクをクリックすると、[コンフィグ項目リスト]の画面が表示されます。[プラグイン]の[スケジュール]アイコンをクリックすると、[スケジュール(Plugin_Schedule)]の設定画面が表示されます。

[スケジュール(Plugin_Schedule)]プラグイン設定画面

[スケジュール(Plugin_Schedule)]プラグイン設定画面

(2)各項目の内容を入力し、[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。

各項目の設定

参照先スケジュール

データ参照先のスケジュールセット名を選択します。ここで表示されるのは、[スケジュール管理]の[スケジュール作成]で設定した、スケジュールセットの「名前」です。(→「スケジュールセットの新規作成・編集」)

デフォルトの表示

URLコンテキストに年月の情報がない場合の表示単位を設定します。

例) URLコンテキストに年月の情報がない場合 (デフォルト表示:デフォルトの表示の設定が適用されます) http://www.example.com/ URLコンテキストに年の情報がある場合(年表示:年の表示モードの設定が適用されます) http://www.example.com/2009/ URLコンテキストに年月の情報がある場合(月表示:月の表示モードの設定が適用されます) http://www.example.com/2009/01/

月の表示モード

月表示時のリスト表示か七曜表(カレンダー)表示を選択します。

年の表示モード

年表示時のリスト表示か七曜表(カレンダー)表示を選択します。

月表示のときの前後月の表示

月表示時に、当月に加えて前後指定月分を表示します。

ユニット

指定した数の月ごとに、unitブロックが表示されます。何件ごとに表示を折り返すなどの指定に応用できます。

年の表示形式

年の表示形式を選択します。

月の表示形式

月の表示形式を選択します。

日の表示形式

日の表示形式を選択します。

曜日の表示形式

曜日の表示形式を選択します。

ショートカットに追加

[ショートカットに追加]をクリックすると、[ダッシュボード管理]の[ショートカット作成]画面が表示されます。(→「ショートカットに追加する」参照)


このドキュメントと関連している内容のエントリー


  • 導入するためには
  • 動作環境
  • 機能一覧
  • 解決しないときは
  • ユーザーフォーラム
  • イベントスケジュール
  • ユーザーフォーラム
  • CMS開発ブログ
  • Twitterでa-blog cmsをフォローしてください!

携帯アクセス解析