ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > システムの管理 > カスタマイズ管理 > タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールの設定

マニュアル

ここでは、タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールの設定内容について説明します。

この説明は、a-blog cms 1.3.0をもとにしています。ご利用のバージョンによって、画面表示や内容が若干異なる場合があります。ご了承ください。

タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールの設定画面では、タグをキーにした関連エントリーの表示に関する設定ができます。

関連の判定について

このモジュールは、同じタグが付けられているエントリーを関連エントリーとして表示します。それぞれのエントリーで共通するタグの個数は「関連度」の点数として判定されます。

  • エントリーA:りんご, みかん, ようかん
  • エントリーB:みかん, ようかん, キウイ
  • エントリーC:ようかん, もも
  • エントリーD:きしめん

エントリーAの関連エントリーは、同じタグを持っているエントリーすなわちエントリーB, Cとなります。そのうち、関連度が高いものは共通するタグの個数が多いものですので、

  • エントリーB:みかん, ようかん →関連度2点
  • エントリーC:ようかん →関連度1点

上記のようにエントリーAのタグと同じタグが2つあるエントリーBのほうが、エントリーCよりも関連度が高いということになります。


次の例は、タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールをテンプレートに組み込んだときの表示とテンプレートのソースコードです。この他にこのモジュールで出力できる変数については、リファレンスを参照してください。

タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールの表示例

タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールの表示例

<!-- BEGIN_MODULE Entry_TagRelational -->
<ul>
    <!-- BEGIN entry:loop -->
    <li><span>関連度</span> {grade} : <a href="{url}">{title}</a></li>
    <!-- END entry:loop -->
</ul>
<!-- END_MODULE Entry_TagRelational -->

タグリレーショナル(Entry_TagRelational)モジュールを設定する

(1)管理画面上部の[カスタマイズ管理]メニューから[コンフィグ]のリンクをクリックするか、管理画面下部のメニュー[コンフィグ]のリンクをクリックすると、[コンフィグ項目リスト]の画面が表示されます。[モジュール]の[タグリレーショナル]アイコンをクリックすると、[タグリレーショナル(Entry_TagRelational)]の設定画面が表示されます。

[タグリレーショナル(Entry_TagRelational)]モジュール設定画面

[タグリレーショナル(Entry_TagRelational)]モジュール設定画面

(2)各項目の内容を入力し、[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。

コンフィグ

表示順

エントリー内の画像の一覧表示での表示順を指定します。初期設定が「関連度優先」となっています。

日時(昇順)/(降順) エントリーの日時が古い順/新しい順に表示。
ファイル名(昇順)/(降順) [エントリー作成]画面の[ファイル名](→「エントリーを作成する」参照)の昇順/降順で表示。
ID(昇順)/(降順) エントリーID([投稿管理]-[エントリー]設定画面の[エントリー一覧]の「ID」)の数字が小さい順/大きい順に表示。(→「エントリー管理」参照)
表示順(昇順)/(降順) [投稿管理]-[エントリー]設定画面の[エントリー一覧]の表示順の数字に従って、昇順/降順に表示します。
フィールド(昇順)/(降順) フィールドの値の昇順/降順に表示。
数値フィールド(昇順)/(降順) フィールドの値(数値)の昇順/降順に表示。
ランダム 順不同でランダムに表示。
関連度優先 関連度の高いものから表示。

表示件数

エントリーを1ページに複数表示する場合のエントリーの件数です。

オフセット

表示順で並び替えた後のエントリー表示で表示しないエントリー数を指定します。例えば「1」を指定すると、エントリーのリスト表示で表示されている始めのエントリーから1エントリー分が表示されなくなります。

現在のページの要素の属性

ここで指定した属性は、「現在表示しているページ」にのみ反映されます。テンプレートに変数{pageCurAttr}を記述した部分に出力されます。

インデキシング

[インデキシングされているエントリーのみ表示する]のチェックボックスを外すと、エントリー作成画面の[インデキシング]項目で[一覧に表示しない]にチェックが入っているエントリーも表示されます。(→「エントリーを作成する」参照)

エントリーがない場合の表示

チェックを入れると、Entry_TagRelational内のエントリーで該当するエントリーがないときに「notFound」ブロックが表示されます。(Entry_TagRelational内にnotFoundブロックを記述する必要があります。)チェックを入れない場合は、指定条件でエントリーが見つからなかった場合に何も表示されません。

notFoundブロックは、該当するエントリーが存在しないときに出力するブロックです。出力する内容を<!-- BEGIN notFound -->と<!-- END notFound -->で囲みます。

例)notFoundブロックの記述例

<!-- BEGIN notFound -->
<p>エントリーが見つかりませんでした。</p>
<!-- END notFound -->

イメージ

1つのエントリーに複数の画像を登録している場合は、画像ユニットで[メイン画像]にチェックが入っている画像のみ表示されます。(ただし、画像URLで登録した画像は除く。)

ノーイメージ

チェックを入れると、画像がないエントリーも表示します。そのとき、画像部分に「No image」画像を表示することができます。「No image」画像は「noimage」ブロック(<!-- BEGIN noimage -->〜<!-- END noimage -->)内で記述します。

例)

No image

チェックを外すと、画像がないエントリーは表示されません。

サイズ

このモジュールで表示する画像のサイズ(幅×高さ)を「ピクセル」で指定します。

トリミング

チェックを入れると、画像が[サイズ]で指定したサイズに切り取られて表示されます。

拡大 ( トリミングがoffの場合のみ )

チェックを入れると、画像が[サイズ]で指定したサイズよりも小さいときに、指定したサイズまで拡大表示されます。この設定は、[トリミング]がOFFのとき(チェックが入っていないとき)のみ有効です。

表示位置 ( トリミングがoffの場合のみ )

チェックを入れると、[サイズ]で指定したサイズの中心に画像が表示されます。この設定は、[トリミング]がOFFのとき(チェックが入っていないとき)のみ有効です。

ショートカットに追加

[ショートカットに追加]をクリックすると、[ダッシュボード管理]の[ショートカット作成]画面が表示されます。(→「ショートカットに追加する」参照)


  • 導入するためには
  • 動作環境
  • 機能一覧
  • 解決しないときは
  • ユーザーフォーラム
  • イベントスケジュール
  • ユーザーフォーラム
  • CMS開発ブログ
  • Twitterでa-blog cmsをフォローしてください!

携帯アクセス解析