ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > 拡張機能の利用 > モブログ cron版 > hetemlの設定

マニュアル

hetemlの設定

ドキュメント最終更新日時:2010/06/23 15:33

タグ:cron モブログ 

ここでは、モブログの機能をのcronで動作させるための、サーバの設定手順について説明します。モブログ プラグイン cron版の機能は、v1.3.1よりプラグインとして利用できます。

1. ファイルの設定

(1)ダウンロードしたa-blog cmsのパッケージに含まれているcronというフォルダをサーバにアップロードします。

この中にあるファイルはcronによって実行されます。そのためブラウザからはアクセスできない場所に置く必要があります。公開ディレクトリであるwebの外側、同階層にフォルダをアップロードします。

(2)ファイルをアップロードしたら、cron/moblog/config.phpというファイルを編集します。モブログを利用しているブログのURLと、照合ファイルの場所を指定します。

<?php

$url            = 'http://appleple.heteml.jp/131/';
$cronkey_path   = '/home/sites/heteml/users/a/p/p/appleple/web/131/private/cronkey';

?>

$url

モブログを利用しているブログのURLを指定します。子ブログでモブログを利用している場合は、トップページではなく子ブログのURLを指定してください。

$cronkey_path

照合ファイルの場所を指定します。照合ファイルはCMSがインストールされているディレクトリのprivate/cronkeyにあります。このファイルをフルパスで指定します。(hetemlの管理画面 cron 設定 の実行ファイルフルパスなどを参考にしてください。)

(3)照合ファイルのパーミッションを確認ます。照合ファイル ( private/cronkey )はプログラムから書き込みする必要がありますので、パーミッションを666に設定します。

2. コントロールパネルの設定

(1)コントロールパネルにログインしたら、サイドメニューよりcron 設定を選択します。

(2)cronに対して実際に動作するプログラムをスケジューリングします。タスクを実行したい日時と、実行するプログラムのパスを指定します。

最初にアップロードしたcronディレクトリのなかにある、moblog.shというファイルが実際に動作するプログラムになります。このファイルの場所をホームディレクトリ以下のパスで指定します。

/cron/moblog.sh

(3)実際に動作するプログラム ( moblog.sh ) のパーミッションを変更します。パーミッションとしてユーザーのみが読み、書き、実行可能である700を指定してください。

以上でモブログ ( Cron版 ) hetemlの設定は終了です。


このドキュメントと関連している内容のエントリー



携帯アクセス解析