ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > カスタマイズの方法 > 仕様・特徴 > URLコンテキストの概要

マニュアル

URLコンテキストの概要

ドキュメント最終更新日時:2009/08/19 07:48

タグ:URLコンテキスト 

URLコンテキストによって表示ページのメタ情報を管理

a-blog cmsでは、いま表示しているページがWebサイトのどこにいるか、どのような状態であるかをURL上のパスとして表現しています。

これをa-blog cmsでは、URLコンテキスト(URLによって表現されるページの文脈情報)と呼びます。(※バージョン1.0.2以前ではURLの値と呼ばれていました)

バージョン1.1.0より「URLの値」を「URLコンテキスト」と呼称します

URLコンテキストの概念

URLによって表される情報のサンプル

例1.applepleブログの、newsカテゴリーにいる場合のパス
http://www.example.com/appleple/news/
例2.ルート(ブログコード無指定)の、newsカテゴリーの、campaignという子カテゴリーにいる場合のパス
http://www.example.com/news/campaign/
例3.例2に「新商品」というキーワード情報が指定されている場合のパス
http://www.example.com/news/campaign/keyword/新商品/
例4.例2に「2ページ目」というページ情報が指定されている場合のパス
http://www.example.com/news/campaign/page/2/
例5.例2に「2009年8月」という日付情報が指定されている場合のパス
http://www.example.com/news/campaign/2009/08/

URLコンテキストと、モジュールの関係

これらのようなURLコンテキストがもつページの文脈情報が、モジュールに反映されることで表示される内容がコントロールされています。

場所的なコンテキスト

たとえば、例1であればapplepleブログのnewsカテゴリーであるという情報がURLコンテキストに含まれるため、ページ内のモジュールはそれらの情報を表示します。

状況的なコンテキスト

また、例3〜5のようにキーワード、ページ、日付などの情報が含まれていた場合にも、モジュールが表示する情報に影響を与えます。キーワードをはじめとして、ページや日付などで情報の絞り込み(特定)が行われます。

モジュールIDやルールとの関係

モジュールID

モジュールIDの引数設定では、表示ページのURLコンテキストの参照を無視して、任意の情報を表示するように指定することができます。

ルール

ルールの指定条件は、このURLコンテキストの情報を参照しています。URLコンテキストに含まれる情報と一致する条件するルールが有効になることで、ページに適用される設定が変更されます。



携帯アクセス解析