ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > カスタマイズの方法 > 仕様・特徴 > テーマの概要

マニュアル

テーマの概要

ドキュメント最終更新日時:2009/08/10 18:02

ここでは、a-blog cmsの「テーマ」とはどういうものなのか、テーマのデータの構造や複数テーマの切り替え方法について説明します。

テーマとは

a-blog cmsのテーマとは、HTMLテンプレートと、CSS、画像ファイル等をまとめたものです。

複数のテーマを切り替えて使用できますので、サイトごとに異なった見た目にすることができます。

テーマに含まれるHTMLテンプレートを編集してモジュール(→「モジュールの概要」)を追加すれば、サイトごとに全く違った機能、デザインにすることもできます。

テーマのデータ

テーマのデータは、a-blog cmsの「themes」フォルダ内に入っています。

「themes」フォルダ

「themes」フォルダ

テーマは大きく分けて2種類あり、サイトデザインのテーマと管理ページのテーマがあります。

サイトデザインのテーマ

サイトデザインのテーマは、「themes」フォルダ内に任意でテーマ名を付けたフォルダを用意します。インストールパッケージには、企業サイト向けの「company1」とブログ向けの「plain」のテーマが入っています。

「company1」と「plain」テーマ

「company1」と「plain」テーマ

各テーマフォルダの中に、a-blog cmsで作成するWebサイトのHTMLファイル(=テンプレートファイル)やCSS、画像ファイルなどを入れます。

管理ページのテーマ

管理ページのテーマは、「system」フォルダにあたります。管理ページもカスタマイズできますが、a-blog cmsの管理ページの基本となるテーマですので、「system」フォルダ内のデータは直接編集しないようにしてください。

管理ページをカスタマイズする場合は、任意で作成したテーマフォルダの中に、カスタマイズする管理ページのテンプレートファイルを「system」フォルダと同じ階層構造で入れて、カスタマイズしてください。

例)管理ページの[サイト管理]-[ブログ管理]のページをカスタマイズする場合

管理ページをカスタマイズする場合のデータ構造(company1テーマの場合)

管理ページをカスタマイズする場合のデータ構造(company1テーマの場合)

systemテーマのデータ構造

systemテーマのデータ構造

テーマの切り替え

管理画面にログインし、[カスタマイズ管理]メニューから[コンフィグ管理]-[テーマ設定]から変更できます。

[テーマディレクトリ名]に任意で作成したテーマ名とテンプレートファイル名を入力することで、デザインを変更することができます。

[テーマ設定]画面

[テーマ設定]画面



携帯アクセス解析