ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > カスタマイズの方法 > 仕様・特徴 > カスタマイズの前に

マニュアル

カスタマイズの前に

ドキュメント最終更新日時:2009/08/19 07:46

タグ:URLコンテキスト 

a-blog cmsをカスタマイズするために

a-blog cmsはテンプレートの構築を中心としてシステムが持つ、いくつかの機能を組み合わせることでWebサイトをカスタマイズします。

ここではカスタマイズを行うにあたって、必要になる概念やトピックについて取り上げています。カスタマイズにあたって全てを理解する必要はありません。カスタマイズに取り組みながら、各機能を使いこなして効率的なWebサイトの制作に役立ててください。

「テンプレート」と「モジュール」がカスタマイズの中心

テンプレートとモジュールの役割

a-blog cmsのコンテンツ情報は「モジュール」を「テンプレート」に記述することで表示されます。テンプレートに記述された「モジュール」を通して、データベースの中のコンテンツ情報を出力します。

「モジュール」は種類によってエントリーの一覧であったり、リンク集であったり、パンくずリストであったり、ナビゲーションであったり、それぞれが特有の機能を備えています。

表示する情報の「内容」と「体裁」

どんな情報を表示するかという「内容」は、管理ページの設定やURLコンテキストによって制御され、テンプレートには基本的に表示設定は含まれません。情報をどのように整理して表示するかについても、ソート順や件数などの項目として管理ページから行います。

ブラウザ上の見た目にあたる「体裁」は、HTMLベースのテンプレートを編集することによってカスタマイズできます。システムは変数として必要な情報だけを出力するので、HTMLやCSSは自由にデザインすることが可能です。

コンフィグ

「コンフィグ」(設定)は、すべて管理ページから行います。管理ページ上で使用するテンプレートや、詳細な環境設定を行います。(詳しくは、「マニュアル:システムの管理」を参照)

URLコンテキスト

表示しているページの状態は、URLコンテキストによって表現されます。また、各モジュールは基本的に、このURLコンテキストを参照して、表示する情報を決定しています。(詳しくは「URLコンテキストの概要」を参照)

ルール

すべてのコンフィグは「ルール」を使用することで、指定した条件のときに設定内容を変更できます。特定のカテゴリーのときにテンプレートを切り替えたり、携帯からのアクセス時にモバイルに最適化した設定を適用したりできます。(詳しくは、「ルールの概要」を参照)

モジュールID

「モジュールID」を使用することで、任意のモジュールに固有の設定を与えることができます。モジュールの基本設定と同時に、システム上のどこの情報を表示するかについても指定できます。

この設定によって、サイト上のどこからでも任意のコンテンツを自由に表示できるようになります。(詳しくは、「モジュールIDの概要」を参照)



携帯アクセス解析