ホーム > サポート・マニュアル > マニュアル > カスタマイズの方法 > 仕様・特徴 > モジュールの概要

マニュアル

モジュールの概要

ドキュメント最終更新日時:2009/08/07 22:26

ここではa-blog cmsの「モジュール」がどういうものなのか、どんな種類があるのかを説明します。

モジュールとは

a-blog cmsの「モジュール」とは、データベースに格納されているテキスト、画像、日付などの情報をどう表示するかを決めるパーツのことです。

a-blog cmsでは、このモジュールをテンプレートファイルの中に組み込むことにより、ページ内の一部を動的にすることができます。

テンプレートには、モジュールの表示方法を記述し、管理ページでは、コンテンツの表示件数やソート表示などの表示設定をおこないます。各モジュールの表示設定は、管理ページの[カスタマイズ管理]メニューから[コンフィグ]-[モジュール]で設定します。

モジュールの種類

モジュールの種類は3つあります。

1. ビルトインモジュール

カレンダーやエントリーに投稿された画像の一覧、バナー、ナビゲーションなど、モジュールをテンプレートに組み込むことで、それぞれの情報を表示します。

(ビルトインモジュールの種類は、リファレンスの「ビルトインモジュール」を参照)

2. タッチモジュール

管理画面の時だけ表示させたり(Touch_Admin)、ログインしているときだけ表示させるなど(Touch_Login)、目的に応じて表示・非表示にすることができます。

(タッチモジュールの種類は、リファレンスの「タッチモジュール」を参照)

3. フィールドモジュール

カスタムフィールドで追加した項目を表示します。

(フィールドモジュールの種類は、リファレンスの「フィールドモジュール」を参照)

モジュールの記述

モジュールは、テンプレートファイルに記述します。ファイル内のどこでも記述することができます。

モジュールを記述する部分には、モジュールの始まりと終わりを示す、以下のソースを記述します。

<!-- BEGIN_MODULE モジュール名 -->
(変数やHTMLタグを記述します)
<!-- END_MODULE モジュール名 -->

BEGIN_MODULEとEND_MODULEの後に、利用するモジュール名を記述します。

<!-- BEGIN_MODULE モジュール名 -->と<!-- END_MODULE モジュール名 -->を正しく記述していないとうまく動作しませんので、編集の際はきちんと記述されているか注意してください。



携帯アクセス解析