ホーム > サポート・マニュアル > 基本からしっかり学ぶ a-blog cms > 基礎編 > URLコンテキスト

基本からしっかり学ぶ a-blog cms

a-blog cmsでは、表示しているページがWebサイトの何処なのか、どのような状態であるかをURL上のパスとして表現しています。これを URLコンテキスト(URLによって表現されるページの文脈情報)と呼んでいます。個々のモジュールは、このURLコンテキストで表す条件を元に何を表示するかを決定する事になります。

URLコンテキストと3つの基本ページ

詳しくはテンプレートのところでも紹介しますが a-blog cms の基本ページとして、トップページ・一覧ページ・詳細ページに分けられます。

トップページ

一般的な運用として Webサーバのドキュメントルートに a-blog cms が設置された場合には、この状態でトップページが表示されます。また、個別のディレクトリ内に設置する事も可能で、その際には、設置先のディレクトリまで指定した状態がシステムとしてのトップページという扱いになります。

http://www.example.com/

一覧ページ

URLがスラッシュで終わっている状態の時、基本的には a-blog cms では一覧ページが表示されます。

http://www.example.com/news/

詳細ページ

URLが.htmlで終わるような時には、エントリーの詳細ページが表示されます。

http://www.example.com/news/entry-1.html

URLコンテキストとモジュールの関係

場所的なコンテキスト

ブログコード、カテゴリーコード、エントリーコードのような情報から、どの情報を表示するかを指示する事で、表示させたい情報をモジュール内に編集します。

www.example.com というサーバの appleple というブログの news というカテゴリーの一覧を表示する場合には以下のようなURLになります。

http://www.example.com/appleple/news/

www.example.com というサーバの appleple というブログの news というカテゴリーの entry-1.html という一記事を表示する場合には以下のようなURLになります。

http://www.example.com/appleple/news/entry-1.html

www.example.com というサーバのルートブログの news というカテゴリーの campaign という子カテゴリーの一覧を表示する場合には以下のようなURLになります。

http://www.example.com/news/campaign/

状況的なコンテキスト

キーワードやタグによる検索、日付、ページ等の情報が含まれていた場合にも、モジュールが表示する情報が影響される事になり、情報を絞り込んで表示する事になります。

2ページ目を表示する場合には以下のようなURLになります。

http://www.example.com/news/campaign/page/2/

「2009年6月」を表示する場合には以下のようなURLになります。

http://www.example.com/news/campaign/2009/06/

ここでは、簡単なURLコンテキストのみを紹介しておきますが、カスタムフィールドの検索を含むURLコンテキストについては、カスタムフィールドを説明するところで紹介する事にします。


関連エントリー

このエントリーについているタグから関連するエントリーを表示しています。


携帯アクセス解析