ホーム > サポート・マニュアル > 基本からしっかり学ぶ a-blog cms > 基礎編 > モジュールID

基本からしっかり学ぶ a-blog cms

「モジュールID」は基本的には「モジュール」と表示内容が同じですが、モジュールにIDを付けることで、特定のモジュールを指定することができます。それにより、ルールや状況によって変化する内容を固定することができます。

URLコンテキストの情報を元にモジュールは、何を表示させるかを決定すると、これまで紹介してきていますが、このモジュールIDを利用する事で、URLコンテキストを利用せず、管理ページのモジュールIDで指定した条件を元にモジュールを動作させる事ができるようになります。

モジュールIDの設定

    <!-- BEGIN_MODULE Entry_List id="topEntryList" -->
    <ul>
    	<!-- BEGIN entry:loop -->
    	<li><a href="{url}">{title}</a></li>
    	<!-- END entry:loop -->
    </ul>
    <!-- END_MODULE Entry_List -->

指定方法としては、テンプレート上のモジュールの BEGIN_MODULE モジュール名の後に id="モジュールID" のように指定をします。

管理ページ側の指定については、どのモジュールなのかをプルダウンメニューから指定し、テンプレート上に記述したモジュールIDを指定します。

モジュールID化する事で、ブログやカテゴリーの階層の細かいコントロールが可能になります。

  • 下層のブログやカテゴリー含めない
  • 下層のブログやカテゴリーも含める
  • 下層のブログやカテゴリーのみを対象とする

また、子ブログでも利用するようなモジュールについては、グローバルのチェックボックスにチェックをする事で、グローバルモジュールIDとして利用する事ができるようになります。

モジュールIDで指定したモジュールについては、個別にモジュールの設定ができます。

モジュールIDの引数

Entry_Body と Entry_Headline については、URLコンテキストの値を自動で取得するような仕様になっていますが、他のモジュールについては指定する必要があります。そのためモジュールIDを設定しないとURLコンテキスト上のpageが反映されない事が起ります。


関連エントリー

このエントリーについているタグから関連するエントリーを表示しています。


携帯アクセス解析