ホーム > サポート・マニュアル > 基本からしっかり学ぶ a-blog cms > 基礎編 > モジュール

基本からしっかり学ぶ a-blog cms

a-blog cms では、ブラウザ上から更新できる部分には、モジュールというパーツがテンプレートのHTMLに貼り付けられています。どのようなモジュールがあるのかを知る事が、a-blog cms のカスタマイズの上達の近道です。

モジュールには大きく分けると、ビルトインモジュール・フィールドモジュール・タッチモジュールの3種類のモジュールがあります。

モジュールをテンプレートにいくつでも貼り付ける事は可能です。たくさんのモジュールが動作すると、それだけ実行する時間がかかる事も頭の片隅に入れておいて下さい。例えば0.1秒で動くモジュールが100個テンプレートに貼ってあると表示に10秒かかる事になります。

モジュールの貼り過ぎには注意しましょう! でも、標準搭載のキャッシュ機能で最初に10秒かかるページも、2回目以降は瞬時に表示できますので、ご安心下さい。

ビルトインモジュール

基本的にモジュールと言えば、このビルトインモジュールの事になります。多くはエントリー系の情報を表示させるモジュールや、カテゴリー、ナビゲーション、バナー、トピックパス等いろいろなモジュールを利用する事になります。

<!-- BEGIN_MODULE Entry_List -->
<ul>
    <!-- BEGIN entry:loop -->
    <li><a href="{url}">{title}</a></li>
    <!-- END entry:loop -->
</ul>
<!-- END_MODULE Entry_List -->

<!-- BEGIN_MODULE モジュール名 --> から <!-- END_MODULE モジュール名 --> を1つのモジュールとして動作します。モジュールの中にモジュールを書く事もでき、モジュールの実行順としては、内側のモジュールが実行され、その後に外側のモジュールが動作するようになっています。

フィールドモジュール

登録したカスタムフィールドのデータを表示させるためには、基本的にはフィールドモジュールを利用する必要があります。例外として、ビルトインモジュール内で利用ができるカスタムフィールドもあります。

  • Blog_Field
  • Category_Field
  • Entry_Field
  • User_Field

※1.5.0 から Entry_Body , Entry_Summary の entry:loop 内でも、カスタムフィールドが利用できるようになりました。モジュールの設定画面でカスタムフィールドを編集するかどうかをチェックボックスで指示する事ができるようになりました。使わない時には、動作させない方が、処理を軽くさせる事ができます。

タッチモジュール

a-blog cms には IF文 のような条件分岐が用意されていません。ですのでプログラミングが苦手とか、分からない方でも、a-blog cms のカスタマイズが簡単と思って頂ける1つの理由ではないかと思います。

<!-- BEGIN_MODULE Touch_Login -->
    <!-- BEGIN_MODULE Admin_ActionMenu -->
    <p>ユーザー名:{name}</p>
    <!-- END_MODULE Admin_ActionMenu -->
<!-- END_MODULE Touch_Login -->

例えば、Touch_Login モジュールを利用する際には、ログインしている時のみ表示させたい部分を から で囲みます。ログインしていない時には、囲まれている部分は表示されない事になります。

1.6.0 から、モジュールの実行順が変更になり、このタッチモジュールが先行評価される事になりました。これによりモジュールの実行数を減らす事ができ多くのモジュールが利用されるようなテンプレートでは高速化がはかられる事になりました。詳しくはテンプレートの章で紹介します。

各種モジュールの設定

モジュールの細かい設定については、テンプレート上ではなく管理ページ上で設定します。例えば、一覧の表示件数や表示順、画像を表示する際のサイズの指定等の各種設定が可能です。

モジュールの設定で、例えばエントリーフォトの設定を見てみると、ここで表示順の設定や、表示件数、画像のサイズ設定等を行う事ができるようになっており、テンプレート上では管理ページ内で設定する項目を設定する事はありません。

オリジナルモジュールを作る

a-blog cms ではモジュールが暗号化されていて修正する事もできませんが、オリジナルのモジュールを作れないわけではありません。

<!-- BEGIN_MODULE Sample --> 

(この部分に各種HTMLを記述する)

<!-- END_MODULE Sample -->

のようなモジュールの記述がある際には、以下のようなプログラムを動作させる事になります。

/php/ACMS/User/GET/Sample.php

a-blog cms をダウンロードした際の omake/php フォルダ内にサンプルのファイルがありますので、参考にしてみて下さい。オリジナルのモジュールの作り方につきましては、今回は割愛し、別の機会に紹介する事とします。


関連エントリー

このエントリーについているタグから関連するエントリーを表示しています。


携帯アクセス解析