ホーム > サポート・マニュアル > 基本からしっかり学ぶ a-blog cms > 基礎編 > コンフィグ

基本からしっかり学ぶ a-blog cms

a-blog cms の設定をコンフィグと呼びます。このコンフィグはブログ毎にあり、子ブログでは個別の設定が必要になります。また、下記のyamlファイルがコンフィグの初期値を設定しているファイルになり、子ブログを追加した際には、このファイルに設定してあるブログが追加される事になります。

/private/config.system.yaml

このコンフィグ画面では、主に以下の3つのグループに分かれた設定がブラウザ上でできるようになっています。

  • ブログの設定
  • エントリーやユニットの設定
  • モジュールの設定

後半で紹介するルールやモジュールIDでもコンフィグの設定は出てきますが、ここで紹介するコンフィグについては、ブログ(システム)の基本設定という位置づけになります。

ブログ設定

機能設定に、キャッシュの設定があります。大事な機能ですので、ここで紹介しておきます。a-blog cms では、ページにアクセスがあった部分を、アクセスがあった時にページの情報を作ります。この作ったページの情報をサーバ上に保存しておき、同じページへのアクセスがあった際には、このデータをそのまま使うようにします。それがキャッシュ機能といいます。

このキャッシュ機能はサイト制作中は変更した部分をすぐに確認できない事から、通常オフになっています。 config.server.php の最後に以下のような設定があります。この 1 と設定されている部分を 0 にする事で、デバッグモードがオフの状態になり、キャッシュ機能が利用できるようになります。

define('DEBUG_MODE', 1);

キャッシュの有効時間や、子ブログが更新されたときにもキャッシュをリフレッシュするかどうかを指定するキャッシュの感度設定、クライアントのキャッシュの時間を設定すると、この時間内はクライアント側のキャッシュが使用されサーバにアクセスない事になります。そのためページが更新された場合にも反映されないことがあり、管理ページにログインした時にブラウザの再読込ボタンを押したり、キャッシュを消したりしないとページが切り替わらないことがあります。

エントリー設定

エントリーの設定をしっかりする事で、日々の記事を更新する人が使いやすいCMSになるか、そうでないかが違ってくる大切な設定画面になります。

デフォルトの設定ではメインカラムの幅が640pxの時に最適な設定になっておりますので、幅が違う際には各種サイズを見直しする必要があります。

ユニット追加ボタン

以下のボタンは管理ページ側ではなく、一般ページのエントリーの下の方に表示されますが、そのボタンの設定をするのがユニット追加ボタンの設定です。

エントリーを編集・追加等を行うボタンをこちらで設定する事ができます。このボタンについては、Entry_Bodyモジュール内に以下のように記述されています。

<!--#include file="/admin/entry/edit.html"-->
<!--#include file="/admin/entry/add.html"-->

そして、管理ページのコンフィグのユニット設定に、ボタンの画像と同様の並び順で設定されている事が確認できます。

こちらで並び順を変更するとボタン側も変更する事ができます。また、こちらで設定を追加する事でボタンを追加する事も可能です。

  • モード products
  • ラベル 商品紹介

のような設定を追加し、保存します。

ユニット設定

上記の続きになります。ユニット追加ボタンで設定を追加後は、編集設定の横にあるユニット設定を行います。

このユニット設定のページでは、新規エントリーの追加ボタンや、テキスト、画像といったユニットの追加ボタンを押した際の初期状態の設定が行えます。そして、上記で「写真を3枚追加」というボタンを追加した事から以下のようなエリアが用意される事になります。

ここで、画像を追加ボタンを3回押し、それぞれの画像ユニットに画像の配置を左に設定し、小さめの画像のサイズを設定する事で、ボタンを押した際に3つの画像ユニットを表示させるボタンを作る事ができます。

このようにユニット設定で、事前に利用するようなセットのボタンを作ってみたり、画像のサイズを事前に適切なサイズにしておきましょう。

過去作ったサイトで、このユニット設定を再度確認してみて下さい。画像のサイズが「そのまま」になっている場合には、どれかサイズを指定しておきましょう。きっと、クライアントは毎回サイズを手で設定しているハズです。

テキストタグセレクト

また、エントリーの編集設定に戻ってきます。

テキストユニットのタグを指定するための設定になります。基本的なHTMLのタグに加えて、none, markdown, wysiwyg という特別なタグが設定できます。この中にないものを追加する際には /include/column.html をカスタマイズする事で表示が可能になります。

<!--#include file="/include/column.html"-->

この column.html は、a-blog cms のユニットそのものであり、ユニットで表示されるタグについては、このファイルでコントロールされています。このファイルを理解する事がユニットのカスタマイズを攻略する近道かもしれません。

そして、管理ページのテキストタグセレクトを編集する事で、以下のようなテキストユニットのプルダウンをカスタマイズする事ができます。

このテキストタグセレクトのタグエリアには、通常のHTMLタグだけでなくCSSのクラスを指定する事が可能です。

p.price

のように指定する事で<p class="price">〜</p>のようにする事もできます。あとはラベル側をクライアントが理解しやすいラベルを指定し、"商品価格" のようにする事で、商品の値段を表示させたい時には、この指定を利用するといった事が可能になります。

ユニットグループ

ユニットグループの設定では、指定したユニットを設定されたクラスのDIVで囲むというだけの処理になります。一般的には、DIVにフロートの設定をし、幅を指定する事で段組レイアウトを実現します。

これらの設定は、カスタマイズするテーマのCSSに記述するものであり、a-blog cmsの標準のCSS内には記述が無い事になりますので、サイトのサイズに合わせて各自で設定をする必要があります。

メインのコンテンツのサイズは、このユニットグループのサイズをいくつに設定するかで数値を決定する事も検討した方がいいかもしれません。

サイズセレクト

ユニットグループと同様に、画像や地図、YouTubeの動画のサイズを事前に設定しておき、クライアントには選んで頂くだけでサイズを手動で入れないのが a-blog cms のエントリー上に貼られるコンテンツの作り方になります。

オススメの設定としては、メインコンテンツの幅で大画像、2つの画像のマージンをメインのコンテンツ全体から引いて、2で割ったサイズを中画像、3つの画像を並べる際のマージンx2を引いて3で割ったサイズを小画像と設定します。

例:

  • 大 640px
  • 中 310px
  • 小 200px

モジュール設定

モジュールの個々の初期設定が可能です。初期設定をブラウザから変更する際にはこちらを修正するのですが、実際にサイトを構築していく際には、利用するモジュールにモジュールIDという個々の名前をつけて運用する事が多くなり、こちらの設定はあまり利用しない事が多いです。

また、モジュールの設定画面の右上には、ショートカットに追加というリンクがあります。この設定をクライアントに設定しやすくするためのリンクをダッシュボード上に用意する事ができます。こちらを設定する事で、どこを更新できるのか分かりやすくする効果があります。


関連エントリー

このエントリーについているタグから関連するエントリーを表示しています。


携帯アクセス解析